ぶらり探訪「どこか知らない所にぶらっと行ってみたい。」
北海道の旅。函館~札幌~旭川三泊四日ぶらり旅。
北海道を満喫!第二日函館から札幌へ!

 

ぶらり探訪「どこか知らない所にぶらっと行ってみたい。」

見知らぬ土地、行ったことのない街。

行ったことはあるけど仕事オンリーで全く観光なんかしなかった街。

 そんな所へぶらっと行ってみたい。

思い立ったら吉日で、早速旅立ってみようと思います。

 

その土地の風俗や歴史、おいしい料理、特産品、お酒などを探しながら、

ぶらぶらと歩いてみようと思います。

 

北海道の旅。函館~札幌~旭川三泊四日ぶらり旅。

北海道を満喫!第二日函館から札幌へ!函館朝市で海鮮丼を食べて、

さあ、函館発のJR特急・札幌行きに乗って一路札幌へ。

 

発車して大沼公園を過ぎたあたりから駒ケ岳が見えてきた。

駒ケ岳は森を過ぎるまで見えていて、

大沼公園辺りで見えた駒ケ岳と森あたりで見える駒ケ岳は、

全く姿が異なることに気が付いた。

 

駒ケ岳は美しい山だ。

蘭越、倶知安、余市と過ぎて、ここからは日本海を見ながらの旅だ。

 

同乗の人から聞いた話では、余市から車で積丹に向かうと、

奇岩群が林立している素晴らしい景色が広がるそうだ。

 

小樽から札幌に向かう途中、有名なニシン御殿が見えてきた。

 

小樽を過ぎると約30分で札幌到着だ。

一度は来てみたい街札幌。

駅前からまっすぐに伸びる道路を見るとビル街が続いていて探画に北海道第一の都市だけあると感じた。


札幌駅出典:札幌観光協会

 

人の往来も多く、何かアカ抜けた感じの雰囲気の街だ。

 

札幌市は全国の市の中で5番目の人口を擁し、

北海道全体の人口の約3割強を占める北海道第一の都市。

また、ミュンヘン、ミルウォーキー、サッポロと

「世界三大ビール生産地」の1つに数えられているビールの一大生産地。

 

中でもサッポロビールはこの街のシンボル産業で、

札幌に来る前に人から聞いた話では、

なんでも「札幌の人はビールは札幌しか飲みませんよ。」

とも言われているほど愛着のある銘柄だそうだ。

 

札幌駅から少し歩くと冬の「雪まつり」で有名な大通り公園がある。

 

今年は第69回目の開催で2月5日(月)から2月12日(月・祝)ですの開催だそうだ。

 

来年は節目の70回目の開催になるのですね。

 

この公園ともいえる、通りともいえる大通りは、

通り全体が細長く東西に延びる公園になっています。

 

公園内の東には東京タワーを縮尺した感じのテレビ塔が見えるので、

さっそくテレビ塔の展望会に上ってみた。

 

このテレビ塔は電波塔で以前は札幌市民に電波を送っていたそうだが、

現在では手稲山に建つ電波塔がその役割を担っているそうです。


大通り公園 出典:札幌観光協会

大通り公園を後に南に向かうと有名な、北海道随一の歓楽街「すすき野(薄野)」が見えてきた。

早速すすき野のラーメン横丁で「味噌ラーメン」を食べることにする。


夜のすすき野 出典:札幌観光協会

 

今日は札幌から一番近い温泉「定山渓温泉」に宿泊することにしました。

今回は定山渓温泉に宿泊するので見ることはできませんでしたが、札幌は夜景が有名です。

 

2015年に神戸で開かれた「夜景サミット2015in神戸」で、

札幌市が長崎に次いで第2位に選ばれ、

第3位の神戸市とともに「日本新三大夜景」として認定されたのです。

 

市内から約30分のアクセスで「藻岩山(もいわやま)」にロープウェーで登ると、

そこには札幌市を一望で望める絶景の別世界が開けます。

 

山頂展望台からは昼は札幌市内の街並みや石狩平野や石狩湾が広がり、

遠くには山々が連なる雄大なパノラマが望めます。

 

夜には札幌の燦燦と輝く夜景が手に届きそうな距離に見え、

市民はもちろん訪れる観光客たちを感動で酔いしれさせます。

札幌に行ったら夜景は必ず見てください。

札幌の夜景 出典:札幌振興公社

札幌からバスで約1時間20分。料金は900円。

定山渓温泉は札幌の奥座敷ともいわれているそうで、

さすがに旅館、ホテルが群れを成していました。

 

ここの温泉は豊平川の川岸や川底にある岩盤の割れ目から自然湧出しているのだそうで、

温度は60度~80度と本州の温泉と比較するとかなりの高温です。

 

温泉街は小料理、居酒屋、スナック、土産物店、遊戯店などがにぎやかに建ち並び、

宿泊客は浴衣姿でそぞろ歩いていて、何やら懐かしい風景です。

 

各旅館・ホテルの食事は北海道ならではの旬の食材をふんだんに使った和・洋・中の料理が堪能できます。


定山渓温泉 出典:定山渓観光協会

 

この温泉は湯室も満足、料理も満足で、札幌を訪れる観光客にとっては何よりも、

札幌から1時間ちょっとで天然温泉に浸かることができるという便利さが人気のようです。

 

地名の由来: アイヌ語の「サッ・ポロ」が語源で、意味は「乾いた平坦な広い土地」だそうです。

かつての豊平川が乾季に極端に水量が少なくなる川だったため、

一帯が乾燥した広大で平坦な土地だったためとされています。

交通手段
鉄道:函館~札幌(JR特急・札幌行)時間/料金:3時間45分/8,830円(乗車券5,720円 特別料金3,110円)
参考:東京(JR新幹線はやぶさ)~新函館北斗(JR函館本線・JR快速)~函館
時間/料金:4時間53分/23,010円(乗車券11,880円 特別料金11,130円
飛行機:羽田空港~千歳空港時間/料金:1時間30分/37,790円(札幌直送の場合)

自動車
東京~青森 時間/料金:通常料金14,550円 ETC料金14,310円 総距離697km 所要時間7時間30分
青森~函館(津軽海峡フェリー)時間/3時間40分 料金: 14,800円(6m未満の車両)
大沼公園~札幌南 時間/料金:通常料金14,550円 ETC料金14,310円 総距離697km 所要時間7時間30分

温泉、宿泊施設定山渓温泉
泉質:ナトリウム―塩化物泉。湧出量毎分8,600ℓ、温度60度〜80度。
効能・特徴:神経痛・冷え性・疲労・皮膚病・関節痛・打撲・火傷・ 消化器系疾患・筋肉痛・慢性関節リウマチ・打ち身・捻挫・不妊症・切り傷等。

札幌~定山渓温泉(バスで約1時間20分 料金900円)
温泉湧出量/毎分8,600?、湧出温度は60度?80度の天然温泉。泉質はナトリウム塩化物泉。

農漁業、特産品、グルメ、お土産:札幌ラーメン、ジンギスカン鍋、、スープカレー。
白い恋人(石屋製菓)、ロイズチョコレート(ロイズコンフェクト)、きのとやスイーツ(きのとや)、山親爺(札幌千秋庵菓)、とうまん (冨士屋)、月寒あんぱん (ほんま)。
焼きとうきび(大通公園の「とうきびワゴン」で販売されている)、ジャガバターなど。
毛ガニ、タラバガニ、北寄貝、北海しまえび、ボタンえびなど。
札幌場外市場:場外市場には鮮度バツグンの魚介類が並び、新鮮な魚介を食べられる食堂もあります。
また、札幌に来た際にはぜひ「お寿司」も食べてみてください。新鮮でリーズナブルですよ。

お酒
小樽市北の誉酒造「北の誉」「北の旅人」
日本清酒株式会社「千歳鶴」
繁華街:薄野(すすきの)ご存知「アジア最北の歓楽街」、東京から北では最大の歓楽街繁華街。
飲食店や風俗店が雑居ビルの中に林立していて、そのゴチャゴチャ感が何とも言えない魅力かな。

名所、旧跡、観光
札幌ドーム:プロ野球北海道日本ハムファイターズとサッカーJ2北海道コンサドーレ札幌の本拠地です。「ガンバレ、コンサドーレ!」
札幌時計台:札幌市中央区北1条西2丁目にある歴史的建造物で、重要文化財に指定されている札幌市民のシンボル的建物です。


札幌時計台 出典:札幌観光協会

北海道庁旧庁舎(赤れんが庁舎): 北海道開拓関係資料を展示・保存する北海道立文書館等として一般に公開されています。


北海道庁旧庁舎 出典:札幌観光協会

豊平館:開拓使が建てた洋風ホテル。明治政府が建てた唯一のホテルで、開拓使建築の貴重な遺構です。
工事完了直後に明治天皇行幸の際の行在所となったのをはじめ、大正、昭和天皇が皇太子の時に行啓された由緒ある建物で、国の重要文化財に指定されています。

札幌植物園(北海道大学植物園):北海道の大雪山やアポイ岳に生育するものを中心に、日本の高山植物約600種が、トムラウシ山の8合目辺りを模して作られた岩組みに植えられています。
また、鉢植えでの展示もしており、春から夏にかけて次々に咲く花を見ることができます。

テレビ塔:札幌大通公園にある電波塔。

サッポロビール園:ビールを飲みながらジンギスカン鍋。ビヤカントリー・レストラン。

大倉山ジャンプ競技場:スキージャンプ・ラージヒルが行われる札幌郊外の競技場。

宮の森ジャンプ競技場:スキージャンプ・ノーマルヒルが行われる札幌郊外の競技場。
両競技場とも夏にはサマージャンプ大会が行われる。

札幌市円山動物園:円山公園内にある動物園。

さっぽろ羊ヶ丘展望台:レストランやお土産コーナーがある札幌郊外の公園。ジンギスカン鍋も食べられます。
北海道大学の前身札幌農学校で教鞭を執った「クラーク博士」の銅像があります。

もとは北海道大学の構内にあったそうですが、現在は羊が丘公園に移設されています。
「Boys, be ambitious=青年よ大志を抱け」は有名な言葉で、

わたしもこの言葉には深く感銘しています。

「ウィリアム・スミス・クラーク」はアメリカ合衆国から派遣された教員ですが、

日本が近代国家への道を歩む道標を示し、

国家建設に必要な基本産業である「農業、畜産」がいかに重要な産業であるか、

ということを農学校の学生に深く教示され、

博士に教えられた学生たちはその教えを広く伝えることにより、

基幹産業の乏しい北海道を現在の農業、畜産業立国となしえたのです。


クラーク博士の銅像 出典:札幌観光協会

また、北海道はその環境を利して、観光立国としてもその地位を確固しています。

現在では春夏秋冬を問わず、世界各国の観光客が大勢訪れています。

絵画、ミュージアム:北海道立近代美術館、札幌宮の森美術館など。

映画ロケ地駅 STATION:主演高倉健、倍賞千ぜんこくに恵子、札幌市内や小樽市銭函でもロケが行われた。
探偵はBARにいる:主演大泉洋、松田龍平『ススキノ探偵シリーズ』

 

みなさんも旅を楽しんでみてはいかがでしょう…。

今回のぶらり旅はいかがでしたでしょうか…。

この「ぶらり旅」があなたの旅の参考になればうれしいですね。

コメントいただければ励みになります。ヨロシクね。

次回もまたどこか知らない所へ「ぶらっと」旅をしてみたいと思います。

musashiでした。

次回の旭川編をお楽しみに…。

############################################################################################
このblogはいかがでしたか?良かったらコメントくださいね。############################################################################################