google-site-verification: google014a2654a7cbaa33.html

■「水溶性アガリクス-A」ABPCは国内で栽培され製品化された国内製品です。

■特許製法「アガリクス菌糸体」高濃度酵素分解製品です。(特許製法 特許 平成11-32723)(国内13の製法特許)

■体内で素早く溶けて有用成分を効率よく吸収する飲みやすい錠剤タイプです。

■多糖類「β-Dグルカン」が乾燥・粉末・液体アガリクス製品の100倍も多く含まれています。

■「水溶性アガリクス-A」は「アガリクス茸菌糸体」のみを使用した製品です。キノコの部分は使用していません。

■「水溶性アガリクス-A」は栽培から出荷まですべて国内で製造した製品です。

■「水溶性アガリクス-A」は厳重に品質管理された安全・清潔な「ISO9001 国際品質保証規格/ISO14001環境マネジメント規格」

  取得の工場で製品化されています。

分析項目
分析結果
分析方法
水  分
2.6%
常圧加熱乾燥法
タンパク質
56.3%
 ケルダール法
食物繊維
23.6%
 酵素重量法
脂  肪
4.1%
 酸分解法
灰  分
8.9%
 直接灰化法
炭水化物
4.5%
 差引炭水化物方式
エネルギー
280kcal/100g
「水溶性アガリクス-A」の成分詳細
含有成分 ビタミン、ミネラル、核酸、アミノ酸、酵素、ポリフェノール酸化酵素、粗タンパク、糖質、粗繊維、

粗灰分、粗脂肪、エルゴステロール、など
有用成分 多糖類 α-Dグルカン、β-D(1-3)グルカン、(1-6)グルカンタンパク複合体、酸性ヘテログルカン、キシログ

ルカン、ヘテログルカンタンパク複合体、糖タンパク、(レクチン)など
天然ステロイド類 キチン質、セルビステロール誘導体2種、エルゴステロール酸化誘導体1種、食物繊維、ヘテロ多糖、

など
多糖類「β-Dグルカンの含有量」 175mg/1,000mg
「水溶性アガリクス-A」に含まれる栄養素
ビタミン類 ビタミンB1、B2、C、K2、など10種類
ミネラル類 カリ、カルシウム、マンガン、カリュウム、鉄、亜鉛、など16種類
核酸類 アデニン、チミン、シトソン、ヴァニン、など4種類
アミノ酸類 ロイシン、リジン、メチオニン、アルギニン、など18種類
酵素類 ポリフェノール酸化酵素、リバーゼ、アリナーゼ、ベクターゼ、セルウーゼ、など50種類
「水溶性アガリクス-A」ABPCに組成されている成分は菌類由来の天然由来有用成分のみです。
錠剤にするための「ビール酵母」以外、一切の添加物・着色料等は使用しておりません。
※「ビール酵母」は消化酵素です。消化を助け、便秘などの症状を和らげ腸の働きを促進します。
水溶性アガリクスA
ABPC

錠剤:200粒入(1粒250mmg)
標準価格:34,650円 (消費税込)

販売価格
29,800円
(消費税込・全国どこへでも送料込)




当サイトに掲載されている画像・文章を権利者に無断で複製・改変ならびに
新聞・雑誌・書籍、放送およびインターネットにて利用することは固く禁止いたします。
Copyright (c) 2009.AUGUST.Taimeisha.inc All rights reserved.
「水溶性アガリクス-A」ABPCは「アガリクス茸の菌糸体(根の部分)をタンク内で液体培養し、植物由来酵素で「β-D(1-6)グルカン」など有用成分を抽出した製品です。
アガリクス茸をはじめキノコ類は細胞壁が硬く強固に結合しているため食べたり飲んだりしても、また煎じたり液体にして服用した場合も吸収されることが出来るのはわずかです。
細胞壁内の多糖類「β-D(1-6)グルカン」をはじめほとんどの有用成分は腸内で消化・吸収されずにそのまま体外に排泄されてしまいます。
従来の乾燥・粉末・液体タイプのアガリクス茸製品では、有用成分が効率よく摂取されない欠点がありました。
この問題をを初めて解決したのが「水溶性アガリクス-A」ABPCです。

「水溶性アガリクス-A」ABPCはアガリクス茸の菌糸体(根の部分)をタンク内で人工的に培養し、さらに硬い細胞に覆われたアガリクス茸の細胞壁を酵素分解(特許製法)で破砕・分解することに成功しました。

このため、超微粒子・低分子に変化した多糖類「β-Dグルカン」をはじめとする有用成分は腸内で素早く消化・吸収されることが可能になりました。

高分子多糖体の多糖類「β-D(1-6)グルカン」は「水溶性」のミクロ単位の超微粒子・低分子に変化、多糖類「β-Dグルカン」をはじめ「ビタミン・ミネラル」や「16種類のアミノ酸類」、キチン質をはじめとする「天然ステロイド類」や、さらに、ポリフェノールなどの酸化酵素も破壊されずに抽出され、腸内でスムーズに消化・吸収されるため、体内の「活性酸素=S・O・D」などにも抗酸化作用を働きかけます。
アガリクス茸をはじめキノコ類は細胞壁が硬く強固に結合しているため食べたり飲んだり、また煎じたりして服用した場合も吸収されることが出来るのはわずかです。

細胞壁内の多糖類「β-D(1-6)グルカン」はをはじめほとんどの有用成分は腸内で消化・吸収されずにそのまま体外に排泄されてしまいます。

「水溶性アガリクス-A」ABPCに組成されている成分は菌類由来の天然由来有用成分のみです。
錠剤にするための「ビール酵母」以外、一切の添加物・着色料等は使用しておりません。